愛されることから愛することを学ぶ

★キリスト教保育と自由保育
愛されることで、人との絆・いたわりの情、『愛すること』を育む…。『すまいる保育園』はキリスト教精神に基づいた保育園です。こどもたちが神様から、保護者から、そして保育士からの愛を受け取り、日々の生活の中で、神様を、人を、そして自分自身を愛することのできる心を育んでいきたいと願っています。また、未来の土台づくりという考えから、子どもの遊び、遊ぶ意欲を大切にし、その中で感性が磨かれることを通じて、自主性や主体性、生きていくのに必要なことを自分自身で学びとるなど、子どもの発達を励ます立場で援助していく取り組みを続けていきます。保育・子育ては、すぐそこにある『未来』を形づくると同時に、幼い子どもたちの『いま』を輝かせる大切なものです。ご家庭・地域との連携を大切にしながら、子どもたちが心身ともに健やかに育つことのできる環境づくりを進めたい…それが『すまいる保育園』の姿です




1 あかるく
   あかるくたのしい環境のなかで、こども本来の姿を引き出す
2 げんきに
   なにごとにもトライするつよい心と体を育てる
3 のびのびと
   かけがえのない愛される存在である自分自身を知り、豊かな感性・創造性を育てる

ちいさな保育園のおおきな家族

私たちは、『すまいる保育園』を単なる保育をする場所と捉えるのではなく『おおきな家』にしたいと考え、大人が管理しやすいシステムをとらずに、子どもが子どもらしく暮せることを基本にしています。衛生環境を整え、日々の健康管理、バランスの取れた食事を生活の基本におき、子ども達のことはできる限り彼ら自身が主体性をもって決める。試行錯誤の中で、そんな取り組みを続けていきます。


あかるく

心からの笑顔

自分の『そのまま』を出せるようにすること…。ありのままで、安心して過ごせる場であること…。はしゃいだり、騒いだりが本来の子どもの姿。『こうしなさい』ではなく、『したいこと』を自ら発見し、それを行動に表すことで楽しく遊べ、こころからの笑顔があふれる保育園を目指します。

げんきに

何事にもトライするこころ

知識を教えるだけでは子どもたちの『こころ』と『からだ』は元気になれません。元気に過ごすためにはまず生活リズムを整えることがたいせつです。心と体と脳の発達につながるよう、安全保育はもちろんのこと、遊びの中から好奇心を引き出し、個性を大事にするとともに、創造力や思考力を養うことを基本とします。

のびのびと

オンリーワンの君がいる・・・

神様にかけがえのない存在として愛されていること、ひとりひとりがユニークでオンリー・ワンの存在として、神様によって造られたことを感謝する心と、他の人だけでなく『自分自身』をも愛する心を育んでいきたいと願っています。同時に、周囲とのかかわりの中で『I am OK!』 『You are OK!』の関係を築き、時にはぶつかり合うことなどを通じて、協調性や互いを尊重することを学びます。